今日の日出谷小

2015年2月の記事一覧

2年生がクロッカスを育てています。

 2年生が11月に植えた球根(クロッカス)から芽が出できました。2年生の児童が毎日水やりをして世話をしてきました。25日の水曜日には、2年生の児童が観察を行いました。
   
  

クラブ活動発表会が行われました。

 日出谷小学校には、球技A、球技B、バドミントン、卓球、パソコン、ミュージック、手芸、料理、科学のクラブがあり活動しています。その発表会が昨日の水曜日、第6校時に体育館で行われました。当日は3年生も、来年度から始まるクラブ活動を楽しみにしながら見学しました。
   
   
   

全校朝会が行われました。

 今日の全校朝会では、校長先生から日出谷小学校の『校歌』についてのお話がありました。児童から校歌の由来について質問を受けたのをきっかけに、校歌ができた頃の事や歌詞の意味などをいろいろと教えてくれました。
   
   
一番の歌詞「椎の木 実がなる 命の木」は、開校時の日出谷小学校の周りには椎の木がたくさんあり、校旗、校木にもなっていることからこの歌詞が生まれ、2番の歌詞は学校の教育目標(よく考える子・思いやりのある子・たくましい子)を表し、3番の歌詞は未来に羽ばたく日出谷小学校の児童たちの姿を現しているそうです。
 この校歌を作詞されたのは、埼玉県羽生市出身の詩人・宮澤章二(みやざわしょうじ)さんです。(現在、さいたま文学館にて企画展開催中 ~3/15まで) 開校当時、校歌の作詞を依頼した際に、来校されて校舎屋上からの風景を見ていただきました。3番の歌詞には、そのときの想い「富士も秩父も晴れ渡り」という歌詞が入っています。
   
3月の生活目標は、『学校をきれいにしよう』です。そのための合い言葉は『さいたま』というお話がありました。「さ」はさがす・ゴミを探しましょう。「い」はいつも・いつもきれいにしましょう。「た」はためない・机の中にプリントを、ゴミ箱にゴミをためません。「ま」はまたがない・ゴミをまたがず、自分から進んで拾いましょう。「さいたま」で、学校をきれいにしていきましょう。

体育朝会が行われました。

 今日の体育朝会は、リズム縄跳びです。いよいよ今日で最後となりました。来週からは、長縄になります。子どもたちもだいぶ縄跳びが上達してきました。
   
   

梅が咲いています。

 東門を入ると、右側の花壇に「梅」の木が3つあります。昭和59年度の卒業記念樹のようですが、「豊後梅」「紅梅」「白加賀(白梅)」のうち、紅梅が咲き始めました。白梅も1分咲きというところでしょうか。春が確実に、少しずつ近づいてきています。