令和2年度 今日の日出谷小

学校の様子

「時刻」と「おもいやり」を学びます。

なかよし1組では算数の授業のはじめに「時計の学習」を取り入れています。時刻の学習はつまづきやすい内容です。一人一人が問題を自分で考え、友達に出題します。日常生活と関連付けて主体的に学習しています。「ちょっとむずかしいな」「では、問題をかえるね。」思いやりも学んでいます。

4年生 聴覚障害について学ぶ

桶川市聴覚障碍者協会、桶川市社会福祉協議会、そして手話通訳者の方をゲストティーチャーにお迎えし、4年生が聴覚障害について学習しました。手話だけでなく、「その人の状況によってコミュニケーションの方法も色々あります。」ということを学び、手話や身振りでコミュニケーションを図ることを実技を交えて学びました。改めてコミュニケーションについて学ぶ、貴重な機会を得ることができました。4年生は手話による「拍手」(両手をひらひら動かす)をたくさん使って真剣に話を聞いていました。ゲストティーチャーの皆様、ありがとうございました。


1・2年生 体育朝会

感染症拡大防止のために2学年ずつ行っている体育朝会。「今年度、最後の体育朝会です。」教師の言葉に思わず「え~?」と声が出た1・2年生。もうすぐ2年生、3年生になります。2年生がお手本になってリズム縄跳びをしました。

3年生の教室では

総合的な学習の時間のまとめとして発表会を行っています。テーマは「桶川市を紹介しよう」。自分で発見した桶川市の魅力を伝えます。書写は「水玉」と書きました。止め、はらいに気をつけて、「玉」という字は三角形をイメージして書いています。

縄跳び検定最終日

日出谷の子供たちが練習を重ね、挑戦してきた縄跳び検定も今日が最終日です。休み時間、体育の授業などで最後まであきらめずに挑戦する姿、そして挑戦する友達を応援し励ます姿がたくさん見られました。