令和2年度 今日の日出谷小

学校の様子

トイレがきれいになりました

A棟トイレの改修工事が終わり、9月14日(月)から使えるようになりました。「…入ってもいいの?」「ショッピングセンターのトイレよりきれい!」子供たちは大喜び。スキップしながらトイレに行きます。早速、5・6年生の当番が掃除を始めました。長く大切に使っていきたいと思います。次はB棟と外トイレ改修、屋上の防水工事が始まります。1階に多目的トイレもできました。おむつ交換台もあります。




2年生 大根の芽が出ました。

9月10日に2年生がまいた大根の種、14日月曜日に畑を見ると、もう、発芽していました。2年生は、自分が種をまいた場所を覚えていて、「僕の、3つとも芽が出たよ。」などと、うれしそうに観察をしています。当番を決め、毎朝の水やりも忘れません。

なかよし1組では

なかよし1組で初任者職員と教育実習生のための「自立活動」の示範授業を行いました。内容は、はさみを使って新聞紙をできるだけ長く切る活動、色紙をはる活動です。一人一人が自分の目標達成に向かって頑張りました。

翌日は教育実習生が体育の授業を行いました。室内でのサーキットトレーニングです。バランスをとる動き、リズミカルに跳ぶ動き、投げる動きなど、様々な動きに楽しく挑戦しました。

朝の日出谷小

コロナウイルス感染拡大防止のため制限していた朝の活動を開始しました。日出谷の子は、登校後、始業の8時15分まで校庭を走ったり、遊具で遊んだりしています。2年生は、昨日種をまいた大根の畑に水やりをしました。

2年生 「畑の先生」と大根の種をまきました。

2年生が大根の種を蒔きました。環境ボランティアの「畑の先生」が、今日のために土壌を整えたり、うねをつくったりと準備をしてくださいました。種の蒔き方も「畑の先生」に教えていただきました。今日は一人3粒の種を蒔きました。これから毎日、畑を観察するのが楽しみです。
また、環境ボランティアの皆様は草刈り機持参で環境整備をしてくださいました。遊具周辺や土手の草をスッキリきれいに刈ってくださいました。環境ボランティアの皆様、ありがとうございます。