第二中学校の学校行事
新着情報
生徒の様子新着情報をお伝えします

平成31年度

PTA総会&部活動育成会総会

 新入生歓迎会を終え、保護者会全体会、学級懇談会終了後、午後2時からはPTA総会&部活動育成会総会が行われました。(保護者の皆様、そしてPTA本部役員の皆様、本当に長い一日ご協力いただきましてありがとうございます。)

 両総会とも議事として(1)平成30年度の事業報告(2)平成30年度会計報告(3)新役員承認(案)(4)平成31年度事業報告(案)(5)平成31年度予算(案)について、提案されました。

 今回の両総会の議長を務めて振興していただいた副会長の大橋さん、記録として書記を務めていただいた田中先生です。

 今回の両総会では、5つの提案に対しすべて承認されたことをここで報告させていただきます。詳しくは、資料を持って代えさせていただきますのでご確認をお願いします。

 総会終了後、30年度本部役員の紹介とご挨拶をいただきました。

 そして2年以上常任委員を務めていただいた方々で、今年度退任する方に感謝状を贈りました。

【左から書記 花岡さん 会長 野澤さん 会計 岡庭さん】

(文化部部長の飯田さん 副部長の木村さん 当日欠席されてお渡しできませんでしたが、もしこのHPをご覧いただいたならぜひ学校にお越しください。)

 そして最後に大橋新会長より平成31年度の新本部役員の方々の紹介がありました。

 1年間どうぞよろしくお願いします。

 部活動育成会の新役員の方々は、副会長の赤澤さんよりご紹介いただきました。こちらもどうぞよろしくお願いします。

【新会長の神谷さんをはじめ、欠席された役員が多くあまり紹介できず申し訳ございません。役員については、こちらも資料でご確認をお願いします。】

 

新入生歓迎会【第2部】

 お待たせしました。長い10分間の休憩を終え、第2部を紹介します。(10分間の休憩といいながら1日休憩してしまい申し訳ございません。)

 まずは野球部。試合開始前の迫力あるかけ声を披露しました。

 続いてサッカー部。昨年は、この会で名言【水分補給】が生まれましたが、今年はサッカーの試合の中にある【T】。(今時のお笑いについて行けないHPおじさん。ティ・ティ・ティー・ティティティーって何ですか?全くわかりませんでした。何か悲しい?!)

 そして陸上部。幸せの合い言葉【Nice Run!】

 男子バドミントン部は、スマッシュの早さは、大谷選手の球速より速い?

【実は、新幹線の速度より速いそうです】

 女子バドミントン部のあるあるといえば、【シューズが異様に臭い!】

【女の子がそんな悲しいこと発表しないの。今年は自虐ネタが多いような・・・】

 ここからは、まともに練習風景を発表した男女ソフトテニス部。サーブ練習の重要性について解説してくれました。

 

  卓球部といえば、男子2年生エースの藤田君と女子3年生エースの平井さんのラリーは見事でした。

  女子バレー部は、本当は黄色いユニフォームが嫌いなんではないでしょうか?!「安心してください!白のユニフォームもありますよ!」

 毎年正当な技術を披露するバスケットーボール部も今年は違いました。「カモン・ベィベ・1年生。」のパフォーマンス。

  剣道部は、やはり日本の武道です。道を外すわけにはいきません。

  今年の美術部は、ひと味違います。普段はおとなしい生徒が多いのですが、今日は全員で「サクランボ」を熱唱しました。

 紫櫻祭では、いつも不思議な化学実験を紹介してくれる科学部は、この会でもやってくれました。透明だった液体が、優しく振ると赤に変わります。しかし強く振るとなんと緑色に変化します。

【どうだ!と、自慢げな岡村さんでした】

 そして、兼部が可能な国際ボランティア部と特設駅伝部の紹介がありました。

【二中といえばボランティア。多くの生徒がボランティア部にも加入して地域の施設の方々と交流を深めています】

【学校の代表として、また自分の体力をつけるのを目的として、多くの部活動が兼部しています。見てください。このたくさんのユニフォームを。】

 そして最後に圧巻だったのは、音楽部のマーチングドリルでした。

【アンコールの声もかかったのですが、今回は会の途中ということで残念ながら次の機会で】

 各部活、とても個性的で楽しく発表しました。今回の発表を見て、1年生は入部する部活動の参考になりましたか?

 部活動の発表を終えて、いよいよエンディングに向かっていきます。1年生の発表です。

 今回歓迎会を開催していただいた感謝の気持ちと、入学してからの先輩方が優しく接していただいので、不安な気持ちが払拭されたことを呼びかけし、最後に指揮 鈴木くん 伴奏 大橋さんで、「Belive」を披露しました。

【1年生ながら堂々と指揮をする鈴木君】

【無事伴奏を終えて「ホッ」と、一安心な大橋さん】

 そして最後は、応援団を中心に全校応援で1年生にエールを送り、応援団長の渡辺君の指揮の下、全校で校歌を熱唱して会を終了しました。

 

 【かっこよく決める、応援団長 渡辺君】

 約2時間という新入生歓迎会でしたが、「先輩としても自信と姿」、「1年生の初々しさと感謝の気持ち」が、とてもよく現れていた心温まる会だったと思います。

 準備期間の短い中、生徒会を中心に生徒の皆さん、ありがとうございました。今回の会を通して1年生も安心してこれからの学校生活を送ることができるのではないでしょうか。各学年の良さをこれからも発揮して、新たな二中の伝統を築いていけるよう全校一丸となって頑張っていきましょう。

新入生歓迎会【第1部】

 本日20日(土)に授業参観を兼ねて新入生歓迎会が行われました。(その後に年度初め保護者会と学級懇談会・PTA役員決め、そしてPTA総会・部活動育成会総会が行われました。長時間に渡りご協力ありがとうございました。)

 この会の司会・進行を務めるのは、もちろん生徒会のこの2人です。

 

まずは新入生の入場です。2年生のプラカード係に続いて、かわいい1年生が入場してきます。

 

 まず始めに二中の1日を3年生の委員会委員長が、ショート劇にして楽しく紹介しました。

【役者の各委員長さんたちです】

 【最後は、放送委員長の小林君に給食委員長の横田君からラブレターが届くというハプニングが・・・】

 委員長の発表の後に、2年生の発表です。

 1年前の自分たちの気持ちを思い出しながら、新入生に励ましの呼びかけを行いました。

そして、指揮 岡本君 伴奏 小野さん による「手のひらをかざして」を披露しました。

【岡本君のダイナミックな指揮です】

【ごめんなさい 小野さんの表情が写っていません】

 2年生の続いて、3年生の発表です。3年生は、昨年度3年生を送る会の発表に手を加えて

 展開も素早く、とてもそろっていました。

 そして指揮 山口さん 伴奏 服部さんで 「あなたへ」を披露しました。

【岡本君とうって変わってとても軽やかに指揮をする山口さん】

【余裕に演奏する服部さん。今度はちゃんと表情がとれていてよかった。】

 そして最後のパネル

【やっぱり正面から撮ればよかった。(Enjoyに見えますか?)】

 たたみかけるように2・3年生合同の発表です。新入生歓迎会の発表といえばやっぱりこれ、二中の伝統【祝いの手打ち】。

【この祝いの手打ちは、何度見ても感動します。1年生も圧倒されている様子でした】

 そしてさらに指揮 加賀美さん 音楽部の演奏で、「カンターレ」を披露しました。

 どちらの学年も先輩として堂々とした発表をすることができたと思います。1年後、新入生が、こんな先輩となって後輩に引き継いでいけるように、成長してほしいと思います。

 ここで10分間の休憩に入ります。

 【第2部】は、1年生が一番楽しみにしている部活動の発表から紹介したいと思います。

 

 

全国学力・学習調査&野田市到達度テスト

 ただいま午前9時、1時間目の真っただ中です。しかし今日は、廊下が静かです。教室から全く声が聞こえてきません。

 不思議なので少し教室の中をのぞいてみましょう。

 それもそのはずです。3年生は、本日全国学力学習状況調査のため国語の試験を受けていました。ご存じのとおり、この調査は全国の小学校6年生と中学3年生が、同じ日に同じ問題を回答することになっております。

 それでは他の学年は、どうしたのでしょうか?まずは2年生。

 机の上に三角定規が出ているところを見ると、数学のテストを受けているようです。

 最後に1年生。(ついに1年生がHPにデビューです。廊下の扉の窓からそっと覗いてみました)

 【写真が見づらくて申し訳ございません】

 1・2年生ともにテストでした。こちらは野田市の到達度テストを受験中です。このテストは、小学校5年、中学校1・2年生と3年間に渡って系統的に各生徒がどのように伸びているかを確認するテストです。(国語と数学の2教科を受けます。)

 話を3年生に戻して、昨年度までの全国学テは、【国語A】【国語B】【数学A】【数学B】と国語と数学の基本A問題と応用・活用のB問題を受けました。しかしながら今年は、【国語総合】【数学総合】、そして【英語】が加わりました。しかもこの英語が大変。なんと回答時間を区切って、「聞くこと(ヒアリング)」・「読むこと」・「書くこと」と、3つの分野に分かれて問題に答えなければならないようです。テストを受けた生徒もびっくりです!

 しかも・・・

  今度は、パソコン室に移動して市毛先生が何か説明をしています。

 生徒たちはみんなパソコンの画面をのぞき込んでいます。

 覗き込んでいたかと思えば、突然英語で答え始めました。そうです。パソコン画面に問題が出題され、それに対して英語で答えているのです。午前中の英語のテスト以外に【話すこと】として、出題された問題に対しての回答を英語で答え、それを録音する。さすがにこのテストには、生徒はおろか先生方も戸惑いました。

 小学校高学年に英語の授業が組み込まれ、英語力の習得が叫ばれていますが、今回のテストでいきなり各分野で出題されたとして、結果が残せるのでしょうか?来年受ける現2年生、今からしっかりと各項目ごとにしっかり取り組んで頑張っていきましょう。

追伸

 全国学テの結果が出ましたら、このHP上で報告させていただきます。

2年生 マナー講習会

 今年度2年生の職場体験学習は、5月15日(水)~17日(金)の3日間で行われます。(例年より1か月以上も早いです。)この職場体験に向けて、昨日の5校時に小笠原流礼法師範 松本 博之先生を講師に迎え、2年生を対象にマナー講習会が行われました。

【松本先生によるマナー講習会は、今年で10年目を迎えます。毎年二中生のためにありがとうございます。】

 マナー講習開始、まずは「挨拶をしましょう。」と、全体であいさつをする時に「ピシャリ」と、ご指導をいただきました。

 「今、席から立ち上がった時に手に持っているものを椅子に置きましたね。その時に【パタン】と音がしました。この音が出るというのは、どうだろうか?」と、生徒に投げかけました。

 「やっぱり気持ちの良いものではないよね。できるなら音が出ないようにそっと静かに置く。自分にとって嫌なことは、絶対に人にはしない。もしされたとしても、そこはぐっと自分で我慢する。反対に人にしてもらってうれしいことは、率先して人にしてあげる。それが【気遣い】というものであり、それが巡り巡って自分に返ってきます。」

 この話を聞けただけでも講習会の目的は達成されたも同然です。しかしながらこの話の後には、挨拶の話がありました。

「挨拶は、誰に対して行うのですか?それを考えただけで、どのような姿勢で礼をしなければいけないか自然と分かりますね。そうです。相対する人に向かってつま先は向くはずですよね。」と。

(上の写真を見てください。生徒たち全員のつま先が、松本先生の方を向いています。)

 挨拶の話が終わった後には、さらに具体的な場面を想定して講習が進められました。

 持参した書類を事業主の方に渡すとき、向きを相手の方に変えるのは当たり前。そして今あなたは、両手を添えて渡してくれましたが、どうして両手を添えるのですか?という質問に対して、生徒達は戸惑うばかりです。

 「片手で渡すと失礼だと思う。」、もちろんそれも正解ですが、受け取る相手がしっかり書類を持っていないと、落ちてしまいます。だから書類を落とさないように両手で書類を手渡すのです。

 また、電話をかけていてメモを取りたい事業所の方がいらしたらどうしますか?

 「勿論、ペンを渡しますよね。じゃあ、どのようにペンを渡しますか?」と言われて、またまた戸惑う生徒たち。「キャップを取って渡す。シャーペンなら芯を出してから渡す。これも当たり前。その上を考えるとさらに、メモを取りたいのであればペンを準備するとともにメモ帳も準備する。さらにペンを取りやすいように、少し傾けて手に取ったらすぐに書けるような状態で渡すことができたら、相手はうれしいのではないでしょうか。これが相手を気遣う心です。」

 「職場体験は、仕事の場です。事業主の方々にとっては、皆さんの将来のために忙しいのにもかかわらず、取り組んでもらっています。ですから職場体験をするのではなく、させていただいているという気持ちを常に持ちながら3日間を過ごしてほしいと思います。」と、職場体験に臨む姿勢についても話をいただきました。

 その他にもとても印象に残った話として3つ紹介します。(話の内容には諸説あることを前提に)

その1 家(事業所)に上がる際に、靴をそろえるために後ろ向きに上がる人がいますが、家主にお尻を向けるのは、失礼なことです。正面を向いて上がり、振り返って靴をそろえましょう。そこで、なぜ靴をそろえるのですか?

その2 昔の侍は座るときにあぐらをかいて座っていましたが、いつごろから正座という座り方が始まったのでしょうか?

その3 外国人の方々は、友好のあかしとして右手で握手をします。中には、大きく上下に振る人もいます。これは、なぜでしょうか?

 

その1 敵が来た時に、すぐに草履をはいて飛び出せるように準備しておくため

その2 江戸時代 徳川吉宗の頃。あぐらは、すぐに立ち上がることができます。正座だとすぐに立つことができません。つまり時代が安定し、「相手に対して殺意はありません」と表現する座り方だそうです

その3 多くの方の利き腕が右手です。つまりその利き腕を相手に預けるということは、これも相手に対して殺意がないことを表すそうです。さらに大きく振るということは、「袖口にも武器を隠していません」ということだそうです 

  講師の松本先生は、もともとは社会の先生です。「物事には、必ずその訳がある。」を持論とし、その理由を調べ、考えることが大切な勉強です。と、講演を締めくくりました。

 2年生の皆さん、ぜひ本日学んだことをしっかりと生かし、事業所との打ち合わせではその成果が発揮できるように頑張ってください!