葛飾中学校ブログ

2017年5月の記事一覧

体育祭を支えたもの

 5月27日(土) 体育祭が行われました。
前夜までの雨で、校庭のコンディションはまさかの最悪の事態。
1時間遅れの開催となりました。 その間に、生徒、教員が懸命に
グラウンドの整備です。


なんとか整備できましたが、朝6:00の状態からすると、ここまで辿り着いた
こと自体、奇跡のよう。

校長も「短時間でよくぞここまで」と「葛中」の底力に感激していました。
この、みんなで用意した最高の舞台で熱戦が繰り広げられました。











勝負事のなので、当然、勝敗はつきましたが、

 この「熱い」一日を、ともに過ごせたこと自体が、大きな喜びではないでしょうか。
闘いが終わっても、各団、思いは尽きません。





素晴らしい一日は、葛飾中生の懸命さと、笑顔と、声援と、
そして、陰になり日向になり支えてくれた実行委員や、準備・片付けまで
シッカリやってくれた責任ある生徒の行動によって作り上げられました。 
みんな、みんな、お疲れ様でした!

体育祭の開催について

 本日の体育祭は、グラウンドコンディション不良のため、
1時間遅れで開催します。

 生徒の出席確認は、いつも通りの8:25です。

 準備等がある生徒さんは、昨日の指示どおりの時間に登校してください。

 なお、開会式の開催予定時刻は、9:50となります。

雨雲の間隙を突いて

 本日、5月25日は体育祭予行日。
ですが、朝から生憎の雨模様。
体育館で、入場の最終確認や、招集の手順の確認です。


とはいえ、競技の予行というか、予選(心のうちでは)ができないのは、残念至極。
そんな葛中生を憐れんでくださったのか、昼近くに晴れ間が覗きました。
間髪入れず、グラウンドに出て、「タイヤバーゲン」と「綱引き」の予行です。


勝敗もありましたが、女子も男子も競技すること自体を楽しんでいたようでした。


「綱引き」も残り1/4というところで、雨脚が強まってきたので、
中止になってしまいました。残りは体育祭当日ということで。
そして、急な雨の中、素早く片付けに取り組んでくれた用具の生徒達に感心です。

いつも感じるのですが、こういう時に気持ちよく動いてくれる、葛中生の心意気が
素敵です。 明日は会場準備、みんなで最高の舞台を用意しましょう!

文明の源

葛飾中学校では、地元の農家のご協力・ご理解を得て、
5月9日(火)に田植え体験学習に、
5月22日(月)に合鴨の放鳥に取り組みました。


田植えは泥だらけになるので嫌がるかと思いきや、そんな様子は露ほども見せず、
みんな楽しそう。

田植えが終わると、今度は、鴨のヒナ鳥の登場です。
気温が上がる5月下旬ではないと、田に放飼するのは駄目なのだそう。

カモを田に放つと、雑草の芽は食べてくれるわ、泳いで田の泥を攪拌してくれるわ、
と イイことずくめ。 かわいい顔してヤリ手です。



生徒曰く、手に取るとフワフワで、ヒナ鳥の心臓の鼓動が掌に伝わっきたそうです。
農業を体験することは、食を通じて文明の根源に触れることに通じます。
豊かな体験の場を提供してくださった地元の農家の方に感謝です。
実りの秋が待ち遠しいですね。

組織を変えていく

 本日、6時間目に生徒総会が行われました。総会は1時間ですが、この日の
ための準備の、長かったこと!
 クラスで話し合い、議題を委員会で検討し、そして確認し・・・とやることは
盛り沢山でした。 運営に携わった皆さんも、今日を迎えるに当たり、
特別な感慨だったことでしょう。
 生徒総会は、学校生活を支える委員会を中心に、組織をより良くしようとする
機会です。

 いくら「話し合いが面倒くさ」かったとしても、勝手に組織を変えてしまうと、
誰も協力してくれません。みんなで話し合い、確認しながら変えていくことが、
組織を変える真の道なのです。 
 その手順を学び、引き受けていくこと。 それが社会に出て大切な能力、
というか覚悟になります。
  なぜ、そんなコトが必要なのかって?
 それは、「みなさんの学校生活」だからです!


 生徒総会で話し合ったことを起点にして、葛飾中学校をさらに良くしていきましょう!