地域から

問い合わせ 東武アーバンパークラインの踏切を通過しない危険な登校について
日時 R1.05.24(金)電話でのご連絡 地域にお住いのかた 名乗られておりません
内容

事案:古利根川沿いに東武線に向かっていくと、踏切があります。ここを通過せずに、川の土手を通って、鉄道の鉄橋の下部をくぐる道を通過しているのが大変危険である。
(詳細は、今日の東中「緊急連絡」をごらんください。)

問い合わせ 速度規制をかけるように警察に依頼している。
日時 R1.05.15 朝の登校時刻に教員に直接 近隣にお住いのかた
内容

 学校に近隣にお住まいのかたから、次のようなアドバイスをいただきました。

  1. 古利根川沿いの道路を通行する車のスピードが速いので、もっと速度規制をかけるように警察に依頼している。
  2. 今後、自治会でもその動きは続きます。
問い合わせ 3名の女子生徒が自転車と接触
日時 R1.05.07 18:00過ぎ 電話 地域にお住まいの卒業生の女性
内容

事案:学区内スシロー付近で、本校3名の女子生徒が、お電話の女性の自転車と接触。そのままなにもせず通過していった。

問い合わせ 下校の状況がよくない
日時 H31.04.17 (水)14:30 電話 (匿名) 男性
内容

事案:眼鏡橋周辺の原稿の状況がよくないとのこと。横に広がっていて、避ける気配がないこと。

問い合わせ 自転車が横隊になっていて避ける気配がない。
日時 H31.4.16 (火) 19:30ごろ 電話 (匿名)
内容

時間:今先ほど
場所:匠大塚前の道路
事案:自分(電話のかた)が、自動車を運転しているところ、部活帰りの生徒たちが自転車が横隊になっていて避ける気配がない。自動車が迫っているのは分かっているはずなのに学校ではどんな指導をしているのか?
(かなりご立腹の様子でした)と電話を受けた職員が伝えてくれました。