地域から

問い合わせ 自転車が横隊になっていて避ける気配がない。
日時 H31.4.16 (火) 19:30ごろ 電話 (匿名)
内容

時間:今先ほど
場所:匠大塚前の道路
事案:自分(電話のかた)が、自動車を運転しているところ、部活帰りの生徒たちが自転車が横隊になっていて避ける気配がない。自動車が迫っているのは分かっているはずなのに学校ではどんな指導をしているのか?
(かなりご立腹の様子でした)と電話を受けた職員が伝えてくれました。

その後の対応や処理等

 本校の部活動の本日の下校時刻は、18:15ですし、匠大塚は学区外なので、明確に本校の生徒かなのかどうかわかりません。しかしながら、塾に向かう途中かもしれませんし、地域からのアドバスですから、自転車通学者にだけではなく、全校生徒に対して、日常生活の自転車の乗り方について、次のような指導を様々な場面で繰り返します。※様々な場面とは、学級活動、学年集会、全校朝会等のことです。

  1. 自転車は車両であること。 自動車と同じ扱いになること。車道を左側通行。歩道の場合は、通行可能区域の確認をすること。
  2. 信号を守る等、法律に従った運転をすること。
  3. マナーとして、周囲への配慮を忘れないこと。
  4. 横隊で自転車を走行させることがないようにすること。

また、保護者にも協力を得ながら、自転車の交通安全については、地域の皆様ともども生徒たちに安全の大切さを伝えてまります。さらに、大人が手本を示せるような自転車の乗り方をしてまいりましょう。
 どうかご協力よろしくお願いいたします。