校長室ブログ

2019年10月の記事一覧

校長面接開始

 先週水曜日から「校長面接」を実施しています。

 3年生対象に、進路のことや中学校生活のことをインタビューするものです。

 「面接」は英語でinterview(インタービュー)ですから、まさに3年間のことを訊(き)きます。

 進路の「面接指導」の一環も兼ねています。

 全員対象ですから、12月までかかります。

 校長自身も様々なことを学べますし、発見も多くあります。

 そんな発見もどこかで紹介したいと考えています。 

事業所訪問

 十一月の上旬に行う1年生の社会体験チャレンジ、職場体験の準備として、三者面談期間の午後を使って職場ごとに事業所訪問を行っています。

 職場体験の事前の打ち合わせや挨拶を兼ねたものです。

 よりよい職場体験となるようにしっかりと事業者訪問をしてほしいと思っています。

 また、三者面談期間の午後をこうした有効な時間として活用することも大切なことであると考えています。

三者面談期間開始

 先週の木曜日、金曜日と、全日本中学校長会研究協議会・群馬大会に参加しました。

 2日間の留守中、ありがとうございました。そのおりの情報は後日、何らかのかたちでご紹介します。

 さて、新しい週、十月最後の週が始まります。

 「本気の月」十月の最終週です。

 今週は、「三者面談の週」です。三者面談では、学校生活や学習について一人ひとり個別の相談会です。困っていることがあったり、解決したい課題がありましたら遠慮なく、担任の先生にご相談ください。

 内容によっては、学級全体や学年全体、あるいは学校全体で確認したり、話し合ったりする必要のあるものもあります。すぐに解決できないものもあるかもしれませんが、遠慮なく、ご相談ください。

 よりよい三者面談にしてまいりましょう。よろしくお願いします。

全日本中学校長会

 今日から2日間、全国中学校長会研究協議会群馬大会に出席しています。

 昨年度は、鳥取・米子大会でしたので、東中祭の終了後、羽田から最終便で出かけました。

 今年は群馬ですから、前日の宿泊ではなく、朝出発します。そして、2日間の日帰りです。

 全国各地の中学校の取り組みを学んできます。学んだ内容は、東中でも活用しようと思います。

 2日間、よろしくお願いいたします。

ふれあい体験

 今月10日から、3年生がクラス単位で保育園、幼稚園を訪問し、自分の作ったおもちゃやゲームで幼児たちと遊ぶことで「保育」の学習をする、「ふれあい体験」が行われています。

 10日は、3年1組が小渕保育園を訪問しました。

 東中祭以後、今週からが本格的な訪問期間です。

 今週は3クラスです。今日は3-5が小鳩保育園、明日3-3三愛保育園、明後日3-4春日部幼稚園です。

 来週が、3-2真由美幼稚園と3-6牛島幼稚園です。

 家庭科の学習が中心ですが、「総合的な学習の時間」としても設定しています。

 15歳までは「育ててもらう期間」であり、15歳からは「育てるための学びの期間」という考え方です。

 「親になるための学習」を東中では積極的に推進します。