粕壁小学校ブログ

校庭の木々は 150年の木々を見つめて

 現在、4年生では図工の学習で「木々を見つめて」という題材名のもと、オリジナルの木を描く活動をします。

先日、粕壁小の校歌の曲名にもある「校庭の木々は」と題し、校庭にある150年経つ木々たちと触れ合いました。木々を見て、触って、感じていました。粕壁小を見守ってくれている木々たちを子ども達がどう描くのか今から楽しみですね。