校長室

2017年10月の記事一覧

市内陸上競技大会・市内音楽発表会を終えて

  10月11日(水)に行われた小学校陸上競技大会では,おかげさまで総合優勝をさせていただきました。今回の総合優勝は自分の教員生活で初めての内容で感慨深く,感動する場面がたくさんありました。

 実は,種目別の個人成績を見ると1位の子どもは1名です。しかもその記録としては同じ他校生がいますので,残念ながら本当の意味では単独1位ではありません。この1位不在の学校が総合優勝をいただけたことからその内容は想像していただけると思います。

 新木小の児童は,他校に比べて体も小さく,決して運動能力に長けているわけではありません。先生方と子どもたちの努力のたまもの以外の何物でもありません。さらにオープン参加の児童のやる気に満ちて輝いている眼,応援する子どもたちの熱気あふれる声,どれも素晴らしいものでした。

ある先輩の校長先生の「陸上は最大の団体競技である。」との言葉をかみしめています。まさに一人ひとりの努力が実を結び,ちりも積もって為し得たものだったのです。

 

 また,さかのぼること10月5日(木)に行われた市内音楽発表会も同様でした。本年度の吹奏楽部は残念ながら“賞”というものには恵まれていませんでしたが,日々の努力を惜しまず成長し進化していました。発表当日,最高の演奏を聞かせてくれました。会場中が感動に包まれてものすごい拍手が起こりました。そして何より子どもたちの演奏に対する姿勢,輝いた,演奏しない場面での子どもたちの微動だにしない美しい姿勢に,数名の校長先生が絶賛してくださいました。

 子どもたちが努力によって成長する姿,今持っている力を全力で発揮するための意志と姿勢。そんな姿を見ることのできた喜び。教師冥利に尽きるものでした。

 結果はあくまでも他校との比較です。我々にとって一番大切なことは一人ひとりの子どもがきちんと成長し,自信をもって社会に通用する人になってほしいということです。

 

 ここであらためて感じています。保護者の方のご理解とご協力,地域の方のあたたかいご支援があっての今の新木小の姿があると思います。ご迷惑をかけていることも多々あると思いますが今後ともよろしくお願いします。本当にありがとうございました。