お知らせ

ダウンロード書類
欠席・遅刻・早退届.pdf
↑ 欠席・遅刻する際は、まずは電話連絡でも結構ですが、後日「欠席・遅刻・早退届」をお子さんに持たせてください。
登校申し出書.pdf
↑ インフルエンザ等の感染症で出席停止になった場合、保護者の方が記入し、登校できるようになったらお子さんに持たせてください。
登校申し出書 記入例.pdf
 

お知らせ

 ● 5月1日現在の児童数は、
  344名です。

 (男子185名、女子159名)
 PTA会員数は、教職員を入れて

 307名です。

 

学校情報

矢板市立矢板小学校
〒329-2164
栃木県矢板市本町4番23号
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

カウンタ

COUNTER548491

新着情報

日誌

活動の様子(2019)
12345
2020/03/31new

令和元年度終了

| by:矢板小学校管理者
 想定外の新型コロナウィルス感染症の影響で3月初めから臨時休校となりましたが、その間の定期異動により、9人の職員が転退職となりました。本日は市生涯学習館で退職者の辞令交付式が行われました。本校からは定年による完全退職の3名と、教育委員会に異動になる職員1名が参加しました。
 
 感染防止のため、定期異動の先生方との離任式等も見合わせなければならない状況となっておりますが、転退職する先生方の転任先や退職後のご健勝を祈っております。
 さて、明日、4月1日から9名の新しい職員をお迎えし、令和2年度の開始となります。今のところ、4月8日から児童登校の予定で、準備を進めております。全校児童が集まっての始業式や新任式は簡略化する予定で計画しています。10日の入学式も新入生と保護者のみの参加とし、短時間で実施する予定でいます。今後の状況で変更がある場合は、本ホームページ、在校生PTAへの配信メール等でお知らせする予定です。感染防止のため必要のない外出控えの継続と、毎日の検温、体調確認、管理に努めていただけますようよろしくお願いします。新年度が無事開始できることを切に願っております。。
15:00
2020/03/19

卒業式が挙行されました。

| by:矢板小学校管理者
本日、卒業式が実施されました。
新型コロナウイルス拡散防止のために、卒業生と保護者 教育委員会 職員だけの式でした。
式も、卒業証書授与と校長式辞のみで、縮小して行いました。
何とか心に残る卒業式にしたいと、昨日は、職員総出で準備をしました。
式の中で、歌を歌うことができないので、前もって録音しておいた映像を式の前に映しました。1年生からの思いでのスナップ写真も写しました。

児童は、卒業式の練習をほとんどしていなかったので、卒業写真を撮った後、
その場で証書授与の仕方を確認しました。

ほとんどぶっつけ本番のようでしたが、卒業生はとても立派でした。
中学校での活躍を期待しています。
  
  
16:11
2020/02/26

6年生を送る会

| by:矢板小学校管理者
3校時に 6年生を送る会を実施しました。
新型コロナウイルス対策として、全員マスク着用で参加しました。
1年生は、「6年生ありがとう」の花をたくさん咲かせました。
2年生は「6年生 すごい!」を連呼しました。
3年生は「やってみよう、最初はみんな初心者だから」とダンスで門出を祝いました。
4年生は「パプリカ」の曲に合わせて踊りました。
5年生は「6年生をもっと知ろう」と〇✕クイズを用意して、全員で楽しみました。

どの学年も、短い期間でしたが、練習を積み重ねてきただけあって、心がこもった素敵なパフォーマンスでした。
6年生からは、「八木節」が披露されました。太鼓とリコーダーの軽快なリズムが体育館
いっぱいに響き渡りました。
人数が一番多いだけに迫力があり、さすが6年生の貫禄でした。
    
  
  
  
  
  
11:49
2020/02/21

お別れの言葉練習

| by:矢板小学校管理者
今日から、卒業式のお別れの言葉の全体練習が始まりました。
これまで、各学年で練習を進めてきました。
それぞれの学年の代表児童の呼びかけは、堂々と大きな声で
大変立派でした。
3年生以上の児童は、誰一人としてフラフラせずに、しっかりと立っていました。
さすがです。よい卒業式になるとよいですね。
  
  
13:57
2020/02/18

10年後の自分にあてて-4年-

| by:矢板小学校管理者
4年生の児童が、自分の手形をとっていました。
10年後の自分にあてた手紙の中に入れるそうです。
色とりどりの絵の具を手のひらに塗って、慎重に 用紙に押し付けていました。
10年後の手紙の中には、保護者の方から書いていただいたメッセージも入る予定です。
10年後、二十歳になった子どもたちは、きっと大きな夢に向かって、悪戦苦闘しながら進んでいるのでしょうね。
たとえ、後戻りをしても、ものすごく回り道をしても、その時その時を一生懸命生きて行ってほしいと 思いました。
  
  
  
  
10:21
12345