12月 2日(水)6限なし  下校14:50
12月 3日(木)6限なし  下校14:50
12月 4日(金)6限なし  下校14:50   人権週間(~10日)
 
  高岡市立万葉小学校
玉くしげ 二上山に 鳴く鳥の 聲の恋しき 時は来にけり (大伴家持・巻17-3987)
 
 

お知らせ

子供の学び応援コンテンツリンク集(文部科学省)
★掲載場所は、
 文部科学省ホームページ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
子供の学び応援コンテンツリンク集
 マスクを作りたい!
 動画で学びたい!
 体験しながら学びたい!
 本を読みたい!
 体を動かしたい!
 みんなで学びたい!
 学び支援のコンテンツをたくさん知りたい!
 文部科学省が後援している検定試験で学びたい!
 外国につながる子ども向けの教材が知りたい!

きときと とやまっ子 学習応援サイト
『家庭学習のすすめ』

家庭学習に役立つさまざまなプリントやリーフレットをダウンロードして活用してください。
★掲載場所は、
 県総合教育センターホームページ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 http://kitokito.tym.ed.jp/

新型コロナ感染症による学校休業対策
『#学びを止めない未来の教室』(
経済産業省
ネットを使った学習サイトが多数紹介されています。
★掲載場所は、
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 https://www.learning-innovation.go.jp/covid_19/ 

子供たちだけでは活用は難しいかもしれませんが、保護者の皆さんと一緒でしたら活用できるところがあると思われます。

 

学校情報

高岡市立万葉小学校
〒933-0981
富山県高岡市二上町1100番地
TEL:(0766)22-1241
FAX:(0766)22-1210
 

カウンタ

COUNTER318339

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

学校運営の概要


1 学校教育目標
 心豊かで創造力と実践力に富んだ子供の育成
  よく考える子供(知) 思いやりのある子供(徳) 強くたくましい子供(体)

2 重点目標

 考えを伝え合おう (知)
 進んで挨拶をしよう(徳)
 のびのび運動しよう(体)

3 学校運営の方針

(1) 確かな学力、豊かな心、健やかな体の育成を図る学校運営に取り組む
  ① 子供一人一人の資質・能力の育成を図るため、「主体的・対話的で深い学び」の視点から、
   学習・指導方法を改善する。
  ② 笑顔あふれる子供の育成、認め励まし合う機会の充実、心の居場所づくりに努め、子供一
   人一人の自己有用感を高める。
   ③ 心の触れ合いを深めるボランティア活動を推進し、他のために働く喜びや共に支え合い生
   きることの大切さに気付き、様々な生き方や考え方に触れることができるよう努める。
   ④ 「元気っ子育成計画」に基づき、運動の楽しさや喜びを味わえる体育の授業、運動に親し
   み意欲を高める体育的行事の充実等、体力の向上につながる運動機会の確保と健康の保持
   増進に努める。
   ⑤  特別な支援を必要とする子供の教育的ニーズに合った支援に努める。
   ⑥ 校内研修の活性化を図るとともに、日々の実践に基づいたOJTを推進し、教員の授業力
   や指導力を高める
(2)  子供にとって安心して過ごせる学校運営に取り組む
   ① いのちを守るための知恵の習得と態度の育成に努める。
  ② 子供の人権を大切にし、いじめ問題やインターネットによる人権侵害等の問題行動の未然
   防止に努める。
   ③ 子供の安全に関し常に危機意識をもち、「報告-連絡-相談-確認」の日常化に努める。
   ④ 生徒指導委員会等を活用し、日常の子供たちの活動の様子を共有する場を大切にする。
   ⑤ 教職員自ら体調管理に気を付け、不祥事を起こさないという意識を高める。また、教育活
   動にやりがいを見付け、仕事を楽しむ。
(3) 保護者、地域から信頼される学校運営に取り組む
   ① 保護者、地域の協力を得て、小中一貫教育、幼保小連携教育の推進に努める。
   ② 学校要覧や学校だより、ホームページ、学習参観、地域懇談会等を通して学校の教育方針
     や特色ある教育活動、子供たちの状況等について適切に情報発信する。
   ③  学校の教育活動に地域の人々の協力を得るとともに、地域の教育資源や学習環境を活用す
     る。
   ④ 学校評議委員会や保護者会等で学校評価を公表し、家庭や地域社会の学校運営に対する意
   見を的確に把握し、教育活動に生かす。
   ⑤ 家庭と連携し、「早寝、早起き、朝ごはん」等、調和のとれた「食事」、適切な「運動」「休
   養」「睡眠」の健康三原則の徹底に努める。
  ⑥ 地域や家庭と連携し、「挨拶」から広がる思いやりの心の育成に努める。 

 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4 今年度のアクションプラン
 「進んで自分の考えを書いたり、発言したりする」
 「地域の人・友達・教職員に進んで挨拶をする」
  「みんなでチャレンジ3015を達成する」


 

5 研修

  (1)  主題
    関わり合って学ぶ楽しさを実感する子供の育成
                  ―自己有用感の向上―

  (2)  主題解明の視点
      視点1 「できた」「分かった」などの喜びや充実感を味わうことができる学習過程の工夫
                  ・主体的な問題解決を促す単元構想の工夫
                  ・子供の意欲を高める自己選択や自己決定の場の設定
         視点2 「学び合い」を通して、認め合う場の工夫
                  ・目的をもって伝え合う言語活動の充実
                  ・多様な考えを認め合い、考えを深める表現活動の工夫
         視点3 自己の変容を実感できる評価の工夫
                  ・自他のよさや成長を認め合える評価の工夫
                  ・学びを確かにし、次への意欲につなげる振り返りの場の工夫

6 生徒指導の重点
  
(1)  あらゆる機会をとらえ、児童一人一人のよさを伸ばすことで、自己肯定感や自己有用感を
    育み、自らを肯定的に受け止め、自己指導能力を発揮できるように支援する。
  (2) 児童の自発的な活動を促し、基本的生活習慣の定着と社会性の育成に努める。
  (3) 計画的に安全指導を推進し、児童の安全意識を高める。

  万葉小学校いじめ防止基本方針(改訂版).pdf