11月19日(火) クラブ活動
11月20日(水) ロング万葉タイム(グッドとやま)
11月21日(木) 誕生ランチ  4年・万葉苑訪問
11月22日(金) 繰替休業
 
  高岡市立万葉小学校
                          玉くしげ 二上山に 鳴く鳥の 聲の恋しき 時は来にけり (大伴家持・巻17-3987)
 
 

お知らせ

インフルエンザの出席停止について
 1学期末にお知らせしましたように、医師の記載による登校許可証明書の提出が必要なくなりました。それに代わるものとして、下枠「メニュー」にある治ゆ報告書(保護者記入)を提出していただくこととします。
 

学校情報

高岡市立万葉小学校
〒933-0981
富山県高岡市二上町1100番地
TEL:(0766)22-1241
FAX:(0766)22-1210
 

カウンタ

COUNTER170730

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

学校運営の概要


1 学校教育目標
 心豊かで創造力と実践力に富んだ子供の育成
  思いやりのある子供(徳) よく考える子供(知) 強くたくましい子供(体)

2 重点目標

 よく学び のびのび運動し 思いやりの花を咲かせよう

3 学校運営の方針

  (1)  確かな学力の育成
  ・ 「学び合い」と「体験」を大切にし、「ねらいを明確にした授業の構想」「目
         的を明確にし た書く活動」「終末における学習成果の確認」を重視した授業展開
         を工夫する。
  ・ 学校・児童・地域等の実態を把握し、児童一人一人の学ぶ楽しさと成就感を大
        切にした学習展開を工夫する。
  ・ 生徒指導の機能を生かした授業の推進を行い、取組の評価を改善に生かす。
     ・ 校内研修の活性化を図るとともに、日々の実践に基づいたOJTを推進し、教
         員の授業力や指導力を高める。

 

  (2)  豊かな心の育成
     ・ 笑顔あふれる児童の育成、認め励まし合う機会の充実、心の居場所づくりに努
         め、児童一   人一人の自己有用感を高める。
     ・ 心の触れ合いを深めるボランティア活動を推進し、他のために働く喜びや共に
         支え合い生きることの大切さに気付き、様々な生き方や考え方に触れることがで
         きるよう努める。
     ・ いのちを守るための知恵の習得と態度の育成に努める。
  ・ 児童の人権を大切にし、いじめ問題やインターネットによる人権侵害等の問題
         行動の未然 防止に努める。
  ・ 地域や家庭と連携し、「挨拶」から広がる思いやりの心の育成に努める。

 

   (3) 健やかな体の育成
     ・ 運動の楽しさや喜びを味わえる体育の授業、運動に親しみ意欲を高める体育的
         行事の充実等、体力の向上につながる運動機会を確保する。
  ・ 「みんなでチャレンジ3015」運動の推進や運動の成果が実感できる評価
         カードの工夫等、元気っ子育成計画に基づく体力の向上と健康の保持増進に努め 
         る。
     ・ 家庭と連携し、「早寝、早起き、朝ごはん」等、調和のとれた「食事」、適切
        な「運動」「休養」「睡眠」の健康三原則の徹底に努める。
   
   (4)   小中・幼保小連携教育の推進
  ・ 中学校教員による乗り入れ授業の実施、小中合同研修会や情報交換会の開催、
        挨拶運動の 合同開催等、小中連携教育の推進に努める。
     ・ 保育園との合同避難訓練や交流学習、情報交換会の実施等、幼保小連携教育の
         推進につい努める。

  (5)  特別な支援を要する児童の教育的ニーズに合った支援に努める。
   ・ 特別支援教育委員会で、児童の実態を教職員が共有し、一人一人の実態に応じ
       た指導と支援に努める。
   ・ 特別支援教育に全校体制で取り組むとともに、関係機関との連携を図ることで
       指導の充実を図る。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4 今年度のアクションプラン
 「家庭学習の目標時間10分×学年を継続する」
 「地域の人・友達・教職員に進んで挨拶をする」
  「みんなでチャレンジ3015を達成する」


 

5 研修

  (1)  主題
    思いや願いをもって探究し、 自分の生き方について考える子供の育成
                       ―自己有用感の向上―

  (2)  主題解明の視点
      視点1 「できた」「分かった」などの喜びや充実感を味わうことができる学習過程の工夫
                  ・思いや願いが膨らむ単元構想の工夫
                  ・自分事として捉える体験活動の設定
                  ・子供の意欲を高める自己選択や自己決定の場の設定
         視点2 「話合い」と「体験」を通して、認め合い、学び合う場の工夫
                  ・目的をもって聴き合う言語活動の充実
                  ・多様な考えを認め合い、考えを深める場の工夫
         視点3 自己の変容を実感できる評価の工夫
                  ・自他のよさや成長を認め合える評価の工夫
                  ・学びを深め、自信につなげる他者評価

6 生徒指導の重点
  
(1)  あらゆる機会をとらえ、児童一人一人のよさを伸ばすことで、自己肯定感や自己有用感を
    育み、自らを肯定的に受け止め、自己指導能力を発揮できるように支援する。
  (2) 児童の自発的な活動を促し、基本的生活習慣の定着と社会性の育成に努める。
  (3) 計画的に安全指導を推進し、児童の安全意識を高める。

  万葉小学校いじめ防止基本方針(改訂版).pdf