学校情報

野田市立第二中学校
〒278-0031
千葉県野田市中根139
TEL:04-7122-5534
FAX:04-7122-5535
 

QRコード

   携帯電話からもご覧になれます。
   携帯のバーコードリーダー機能で
   読み取ってご覧ください。
 

カウンタ

COUNTER531212
野田市立第二中学校
第二中学校へようこそ
◎学校教育目標
  「社会を生き抜く力を身につけた生徒の育成」
   <社会力・学習力・自治力・突破力>

目指す生徒像
(1)人との関わりを大切にし、約束やきまりを守る生徒・・<社会力>
(2)学ぼうとする意欲を持ち、自ら考え実行できる生徒・・<学習力>
(3)全体の幸せを願い、自分たちで行動できる生徒・・・・・・<自治力>
(4)困難から逃げず、目標に向かって努力する生徒・・・・・・<突破力>
 
◎重点目標
(1)授業と家庭学習の一体化を図り、学習力の向上を目指す
(2)生徒による自治活動の推進
(3)生徒の健康・安全・安心の確保
(4)教員としての力量の向上
(5)保護者や地域に開かれた学校の推進

◎目指す教師像
 学校教育目標の達成を目指し、
(1)生徒一人一人を大切にし、生徒と自らの向上を目指して努力できる教師
(2)報告・連絡・相談を密にし、互いに学びあいながらチームとして教育に携われる教師
(3)コミュニケーション能力を持ち、毅然とした指導とカウンセリングマインドを持った指導の両面が    
   使い分けられる教師
(4)不祥事根絶に向けて自らを律すると共に、自分の健康に留意できる教師

◎研究主題
 「深い学び」と「学習力」の向上を目指した授業・学級づくり
     -授業と家庭学習の一体化を目指して-



 
 

生徒の様子・新着情報をお伝えします

日誌 >> 記事詳細

2018/10/20

いよいよ東葛駅伝大会!!!

| by:第二中学校管理者
さあ、待ちに待った『東葛駅伝大会』本番です!
今年は、松戸市民劇場前スタート、野田市陸上競技場ゴールの10区間、31.9㎞で争われます。

スタート地点では・・・

二中のエース、1区、髙橋楓太くんが余裕の表情でアップをしていました。
スタート15分前にもかかわらず「勝利のVサイン」。しかし・・後ろにどこかでみた人が、同じようにVサインをしています。・・・

なんと!

野田市の佐藤教育長でした。
佐藤先生は、駅伝の大ファン。髙橋くんと思わず握手、健闘をお祈りしてくださいました。

というわけで、午前10時スタート。

3㎞地点で待ち構えていると、先頭集団がやってきました。髙橋くんは3000m千葉県3位の実力者です。「当然ここに入っているはず・・」と、カメラを準備しますが・・・、いません!(ショック!)

しばらく経つと・・・

やってきました。しかし、ずいぶん疲れている様子。「おかしい?、何か異変が?」と思ったら・・・
実は、髙橋くん、スタート直後にまわりに押されて転倒をし、一時最下位になったとのこと。しかもかなりのひどい転び方で、他の選手たちは髙橋くんをまたいで走り出し、かなりの遅れをとったとの情報が、あとからわかりました。
でも、さすが髙橋くん。ビリからスタートをし、起き上がって走り始め、なんと!40人をごぼう抜きしてここまで来たのです。アッパレ!です。
頑張った髙橋くんは30位で、襷を2区の峯島陸くんに渡します。


大きな病・入院から回復し、自ら志願して2区を走る峯島陸くん。長い直線の道をひた走ります。この2区は、昨年度9区として峯島陸くんが走った場所。その時は無念の繰り上げスタートでした。なんとかリベンジを果たしたい!しかし、やはり体調は万全ではないのか、順位はかなり落ちてしまいました。(詳しい順位はわかりませんでした。)3区の大澤くんに託します。


3区は起伏の激しい2.9㎞です。駅伝部の一員としてこれまでいろいろな大会に出場してきた大澤くん。3年最後の走りです。さすがに頑張った大澤くん。5人ほどを抜かして順位は57位。そして、4区の石山くんに襷を渡します。


4区からはすべて1・2年生です。まずは4区を任された石山くん。スタート直後、快調にとばします。私(記者)の声援に、唯一手を振って応えてくれました。
順位も56位と一つ上げて5区の小林くんへ。順位は安定してきました。

5区は唯一の1年生小林くんです。

小林くんはバドミントン部の1年生で、すでに県新人バドミントン大会出場を決めているバド部のホープです。駅伝でももちろん1年後、2年後を背負って立つ逸材です。2.9㎞の区間、順位は59位と3つ下げましたが、初めての東葛駅伝頑張りました。

6区の鈴木くんにつなぎます。

鈴木くんは陸上部の2年生。歩道が広く観客がもっとも多い区間を走ります。
順位は1つ落とし、60位で7区の峯島颯一郎くんに襷を渡しました。そろそろ野田市に近づいてきました。


7区の峯島颯一郎くんもバドミントン部です。小林くんと同じように、先日のバドミントン大会では個人戦・団体戦ともに県大会出場を決めています。二足のわらじで頑張っている選手の1人です。
順位は一つ落として61位。8区の片山くんに襷を渡しました。


8区の途中から野田市に入り、二中に対する声援が大きくなってきます。
8区の片山くんはサッカー部。「二足のわらじ組」です。距離は3.4㎞とかなり長い方。順位はやはり一つ落として62位。9区はいよいよに入ります。


太子堂自治会館前で待ち受ける人々。みんな二中の応援です。


そんな中、二中の選手がやってきました。2年サッカー部のエース佐藤くんです。
大きな声援にこたえ、順位を二つあげて60位でいよいよアンカーに襷を渡しました。


10区アンカーは、2年陸上部。来年の駅伝を引っ張る神矢くんです。10区は3.7㎞と、1区に続いて長い距離の区間。しかも、陸上競技場に入ってからもトラック1周半と、これがまた長い!


ついにゴールの瞬間を迎えます。
襷はすべてつながりました。(繰り上げスタートの学校も5~6校あったようです)。(そして私(記者)も、二中に赴任して4年目で、初めて全区間で写真を撮り応援をすることができました。心配してくださった皆さんありがとうございました。)
順位は62位。目標としていた順位にはほど遠かったですが、エース髙橋くん転倒のトラブルも乗り越えてみんなよく頑張りました。
二中駅伝部の皆さん(選手だけではなくサポートにまわってくれた生徒の皆さんも)、そして、朝から昼食の準備などしてくださった保護者の皆さん、応援をしてくださった全ての皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
15:13 | 投票する | 投票数(99)

リンク情報


千葉県教育委員会・生涯教育
 「親力アップいきいき子育て広場」  http://www.kplaza.pref.chiba.lg.jp/emanabi_pc/
・千葉県教育委員会のホームページ内のサイトです。
・乳幼児期から中学校期の子育てを支援するため、各発達段階における子育てに対する豆知識や手立てについて、ひとつの見方、考え方を提案しています。
・個人的な悩みの相談も可能です。
・子育てのひとつの参考になると思います。ぜひご活用ください。