茂原市立南中学校    

 

経営方針

平成31年度 学校経営概要

 

Ⅰ 学校教育目標 

       み…自らの意志をもって,

       な…仲間と協力し,

       み…未来に向かいたくましく生き抜く生徒の育成

 

Ⅱ 学校スローガン 『頑張れば感動!』

 

Ⅲ めざす生徒像・学校像・教職員像

   1 めざす生徒像

    (1)自ら学ぶ生徒(知)

    (2)思いやりのある生徒(徳)

    (3)自ら鍛える生徒(体)

  2 めざす学校像

    (1)学校は学ぶところ,わかりやすい授業展開とつまずきが許される学校

    (2)生徒同士,教職員同士,生徒と教職員同士の共感的な人間関係や自己存在感が大切にされる学校

    (3)保護者地域に信頼され,地域の誇りとして愛される学校

   3 めざす教職員像

    (1)「教えることは学ぶこと」を忘れず,絶えず職務能力の向上に努める教職員

    (2)生活の背景や悩みや夢をしっかりと受けとめ,寄り添い,ともに歩める教職員

    (3)教育の根幹は信頼であることを自覚し,家庭や地域と連携する教職員

 

Ⅳ 経営の方針

   子どもたちが明るく前向きで,生き生きと自己を発揮することができ,家庭・地域社会に信頼される学校づくりを推進する。また,学校・家庭・地域・関係諸機関がチームとなり,子ども達の成長に取り組む学校づくりを目指す。

 

Ⅴ 重点目標

   「学力の向上」「心の教育の充実」「信頼される学校づくり」の3点を柱とし,以下の実現を図る。

   1 学習指導

    (1)習得・活用・探究という学習プロセスの中で,問題発見・解決を念頭に置いた深い学びの過程の実現を図る。

    (2)学ぶことに興味や関心を持ち,見通しを持って粘り強く取組み,自らの学習活動を振り返って次につなげる主体的な学びの実現を図る。

    (3)生徒同士の協働,教師や地域の人との対話等を通じ,自らの考えを広げ深める対話的な学びの実現を図る。

    (4)生徒の実態把握をもとに,個に応じた授業・わかりやすい授業の展開を図る。

    (5)目的に応じて,効果的なICT機器の活用を図る。

    (6)基本的な生活習慣づくりを通して,家庭学習習慣の定着を図る。

    (7)道徳の時間の適正な確保と充実を図る。

   2 生徒指導・学級・学年経営

    (1)段階的・継続的な指導により,基本的な生活習慣の確立を図る。

    (2)自他を認め合い,自治活動を活発にし,ともに成長する学級・学年づくりを図る。

    (3)いじめの根絶,学校不適応や不登校生徒へ組織的に取り組むことにより,解決を図る。

    (4)教育相談を充実し,生徒が悩みなどを相談しやすい環境をつくる。

   3 特別支援教育

    (1)生徒一人ひとりの教育的ニーズに応じた指導内容や指導方法の工夫改善を図る。

   4 学校行事

    (1)夢と感動のある学校行事を推進し,生徒の自己存在感と自己実現を図る。

   5 キャリア教育

    (1)計画的・継続的な進路指導を推進し,生徒の自己実現を図る。

   6 環境づくり

    (1)清潔で安全な,教育環境整備に努める。

   7 開かれた学校

    (1)地域・保護者との連携を深め,学校教育への理解と協力を得られるように努める。

   8 教職員の事故防止

    (1)モラールアップ委員会を活性化させ,不祥事根絶の研修を通じ,不祥事ゼロを実現する。

    (2)教育公務員としての使命感と自覚を持てるよう,研修を重ねる。

    (3)風通しの良い職場づくりを推進する。

   9 人材育成

    (1)すべての教職員は,信頼関係のもと,管理職や各種主任・同僚との意思疎通を密にする。

    (2)管理職および先輩は,指導上または個人的な悩みに対して,聞く耳をもつことをモットーに,ニーズに応じて必要なアドバイスをしたり,資料を提供したりして,人材の育成や悩みの緩和を図る。

   10 多忙感の解消

    (1)「まとめる」「減らす」「変える」「やめる」で始める校務改善,費用対効果の観点から,仕事の見直しやスクラップ,仕事の「選択と集中」,先を見通しての計画的な仕事の推進を図る。


教育目標デザイン.pdf