学区の様子


 西小学区の様子  (1・2年生が街探検で学習します)
市役所脇を流れる豊田川(愛称は 天の川)
マーケットプレイス(複合商業施設)昔ながらの昌平町商店街

 

学校概要


 本校の学区は、本町・昌平町などの商店街、長谷・墨田・箕輪・上茂原などの兼業農村地域、高師の住宅地域、鷲巣・中部の新住宅地域からなっている。
 本町・昌平町の商店街は、藻原寺の開山とともにできた門前町がその起こりであり、本校の周辺は、茂原で最も古くから開けた土地である。
 学区内に市の中核である市役所、さらに東上総県民センターもあり、郡・市の行政の中心となっている。
 本校の裏手には、日本桜名所百選になっている茂原公園があり、自然の景観にも恵まれている。また、公園内に市立美術館・郷土資料館が建設され、多くの市民の憩いの場にもなっている。
 本校は、昭和30年に薫風小学校と茂原小学校の一部を編入して新設された学校である、学区には水田が広がっていた。近年は、新住宅地域が形成され、市内・近郊及び千葉や東京に通勤する人々も多い。学校への期待、要望も多様化してきているが、学校に対しては協力的である。
 さらに、古くから開けた本学区は、交通の要衝でもあり、幹線道路の交差や平成20年3月バイパス道路開通等のため、交通量の増大により、児童の交通安全対策が課題の一つとなっている。
 

児童数

令和元年5月1日現在
学級
児童数
学年合計
1の1
22名
22名
 2の1
29名
29名
 3の1
22名
44名
 3の2
22名
 4の1
37名
37名
 5の1
21名
41名 
 5の220名 
 6の1
32名
32名
 わかば学級
 3名
 3名
 なのはな学級
 3名
 3名
合  計
   211名
 

校舎と窓からの風景


学校からの風景
藻原寺の山門  
後ろは桜の名所茂原公園(道表山)  
校舎の前の築山には様々な樹木と四季の花々
 

アクセス