視聴覚センターブログ >> 記事詳細

2019/07/10

子どもTV番組制作体験

| by:視聴覚センター所員
 7月6日(土)に子どもTV番組制作体験を実施しました。
 キャスターやリポーター、ゲストなどの出演する役だけではなく、ディレクター、プロンプター、音声ミキサーなどの裏方で働いている役も決め、参加した18名が1つのチームとなって、番組作りをしました。
 最初は緊張している様子も見られましたが、徐々に自分の役にも慣れ、スタジオ内や調整室内でお互いに声を掛け合う姿も見られ、和やかな雰囲気でよい番組制作ができました。




 制作体験後には、春日部市と包括的連携協定を結んでいる株式会社J:COMさんからニュース番組についてのお話しをしていただきました。カメラマンが、夕方放送されるニュースのために午前中から県内を回って撮影し、それを編集してようやくみんなの元へニュースとして届くということを聞きました。先ほどまでの実体験も相まって、参加児童はよりTV番組を身近なものとして感じられるようになったのではないでしょうか?





【参加児童の感想】
・私はゲストをやって、とても楽しかったです。TVは見えないところでいろいろと大事なことをやっているんだなと思いました。
・TVの番組を作るのはとても大変だったことがわかりました。最後に映像を見たら、失敗したところがあったので、またチャレンジしてみたいです。すごくいい体験が出来ました!
・TV番組制作という体験が出来て、すごくうれしかったです。自分がやりたいという役にはなれなかったけれど、楽しかったです。
・TVに出ている人などの大変さを知りました。
・スタッフさんがすごく褒めてくれて楽しく出来たので、また来年も来ようと思います。ありがとうございました。
・最初はできるかなあと心配でした。でも、いっぱいみんなで練習をしていると、出来るという勇気がわいてきました。本番は、うまくできてうれしかったです。
・去年も来たけれど、去年と違う仕事も出来てよかったし、とても楽しかったです。

【保護者感想】
・子どもはやりたい役が出来なくて残念そうでしたが、それでもがんばって役をする姿が見られてよかったです。普段見ることができないTV番組を作るところ、体験が出来て良かったです。
・想像以上に本格的で子どもたちの真剣な顔を見ているだけでも本当に楽しそうでした。良い経験が出来たかと思います。ありがとうございました。
・大変貴重な体験をさせていただきありがとうございました。子どももTVを見る側ではなく、制作という立場から参加させていただき、とても勉強になったと思います。
・やってみたかったプロンプターのお仕事ができて満足の様です。番組の流れを書面で把握しながらキャスターの声に合わせて紙をめくっていく。地味な仕事ですが、大事な仕事。皆で力を合わせて1つの番組を作っていく体験が出来、本人はとても楽しかったと・・・。来年も申し込むと・・・。ありがとうございました。
・今日は体験講座に参加させていただき、ありがとうございました。普段出来ないTVの裏側を見ることができ、親子共に勉強になり楽しかったです。TV番組の制作は、どの子も初めてとは思えないほど自分の役を頑張ってこなしていてとても立派でした。子どもにとっては緊張の連続だったとは思いますが良い経験になり貴重な一日となりました。ありがとうございました。
・子どもたちは貴重な体験が出来てよかったです。TVの制作はたくさんの人の協力のもとに成り立っているのだと改めて感じました。
・スタッフの方達がとても口調がやさしく、うまく褒めていただけるので、さすがだなと思いました。なかなかできる経験じゃないので、こういう講座は本当に嬉しいです。本当にありがとうございました。来年も参加できるといいな。これからもこういった体験講座、楽しみにしています!!

 今回は参加18名の内、3・4年生が大半でしたが、みんなのやる気のおかげで、とてもすばらしい制作体験となりました!来年はまた違う役をしに、体験に来てくださいね。保護者の皆様、ご参加いただきありがとうございました。
 今年残念ながら参加できなかったみなさん、ぜひともまたの機会に参加してください。お待ちしております。

14:40 | 投票する | 投票数(3)
COUNTER33411