庄和地区公民館
 

カウンタ

COUNTER22165

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 
春日部市教育委員会
 

庄和地区公民館ブログ

庄和地区公民館
12345
2018/08/14new

市民大学「ディベート体験講座」2

| by:庄和地区公民館

ディベートの3回目の講座(7月27日)は、作戦タイムです。

各チームは主張を繰り広げる論旨と、相手チームの予想される主張に対する反論、そして論戦を戦わせた後のまとめとなる最終弁論に頭をひねります。ホワイトボードに各メンバーの意見を書いて議論するチーム、付箋に各メンバーが思いつくままの意見を書き込んで、大きな主張にまとめていくチームと、やり方は様々です。2時間の講座時間を延長して、各チームは決戦に備えました。

       

 

ディベートの4回目の講座(8月3日)はいよいよ決戦です。

この日はOB・OGの方を対象にした公開講座で、10数人の卒業生が学生の論戦を見守り、厳正なジャッジを下してくれます。

         

 

第1試合は、「一定の年齢になったら運転免許は強制的に返還させるべきか、否か」

賛成派のチームは、高齢者の運転は危険だ、危険な手段を使ってまで利便性を求めすぎる、個人が車を持たなくても生活が維持できる社会を築くべきだ、と主張しました。これに対し反対派は、文明は利便性を求めて進歩してきた、自動車を活用して生活するのは当然、高齢者でも安全に運転できる車両の開発に力を注ぐべきだ、と主張しました。

論戦の結果、判定は反対派(返還させるべきではない)が大差で勝利しました。

        

 

第2試合は、「コンビニの24時間営業は必要か、否か」

賛成派は、コンビニはなんといっても便利、深夜でも営業しているので町が明るく安全になる、何か危険なことがあった場合の駆け込み場所になると主張しました。これに対して反対派は、24時間営業は電気代など資源の無駄使い、従業員の勤務が過酷、そもそも真夜中にどれほどの人が買い物に行くのか、と主張しました。白熱した論戦が続き、判定は・・・。何と1票差で賛成派(24時間営業は必要)が勝利しました。

 

対戦後に観戦していたOGの方に感想を聞くと、「コンビニでの論戦は10年前にもやり、私のチームの賛成派が勝利しました」とのこと。10年経っても論戦のテーマと自分のチームの勝敗を覚えている・・・。ディベート講座はそれ程強烈な印象を残す講座のようです。


16:01 | 投票する | 投票数(2)
2018/07/23

市民大学「ディベート体験講座」1

| by:庄和地区公民館
7月13日(金)文教大学人間科学部人間科学科青山鉄兵准教授の「ディベート体験」の1回目を行いました。

ディベートとは特定のテーマについて、肯定・否定の二組に分かれて行う討論です。
流れとしては、最初に肯定・否定それぞれの意見を主張し、その後相手チームに尋問をして、それをふまえて最終弁論(主張のまとめ)を発表したのち観客のジャッジにより勝敗が決まります。
今回は8月3日(金)の本番へ向けてディベートを行うのに大切なことについて学びました。

青山准教授は
・テーマの問題について様々な視点に立って考えること。
・情報を適切に収集・整理しそれをもとに議論すること。
・自分の主張を客観的かつ魅力的に伝えること。
・相手の主張をきちんと聴き、相互に議論を深めていくこと。
の4つが大切で、「勝敗にもこだわってほしいがそれよりもプロセスが大事だ。」と言っていました。
その後、学んだことをふまえて「市民大学に成績表(通信簿)は必要か、否か」で練習をしました。「モチベーションが下がる」や
「やる気につながる」などたくさんの意見が出されました。

後半は、本番と同じ班に分かれて「小学生にスマホを持たせるべきか、否か」でディベートを行いました。班で肯定・否定の意見を出し合い、グループとしては賛成か反対かを発表しました。

本日の講座を通して学生達はディベートのコツをつかめているようでした。

7月20日(金)「ディベート体験」の2回目を行いました。
今回は、本番のディベートで討論するテーマ決めです。
前半は各班で話し合い、どんなことをディベートするか意見を出しました。

その結果、第1試合は「高齢者は一定の年齢になったら強制的に運転免許証を返還させるべきか否か」に、第2試合は「コンビニの24時間営業は必要か否か」に決まりました。
後半は班に分かれて作戦会議をしました。

次回、7月27日(金)に各班で改めてディベートの作戦会議を行い、
8月3日(金)はいよいよ本番です。

16:33 | 投票する | 投票数(3)
2018/07/21

庄和地区公民館まつりを開催します!

| by:庄和地区公民館

平成30年9月1日(土)・2日(日)、正風館にて、「2018庄和地区公民館まつり」を開催します。
舞台や展示では、庄和地区で活動している皆さんの日ごろの成果を発表します。
また、ランチタイムロビーコンサートや休憩室の演芸では、様々な楽器の演奏、催しの披露があります。
わんぱく広場では、アートバルーンやむかし遊び、折り紙の体験など無料でお楽しみいただけるコーナーや、かき氷や駄菓子などの販売を行います。
詳細については、公民館だより8月号をご覧ください。
公民館だより8月号(1-2ページ).pdf
ご家族、友人お誘いあわせのうえ、正風館へ遊びに来てください。

15:09 | 投票する | 投票数(0)
2018/07/11

市民大学「歌舞伎鑑賞」

| by:庄和地区公民館

 7月6日の古典芸能鑑賞講座は、国立劇場での歌舞伎鑑賞でした。



 古典芸能鑑賞講座は、毎年行われる講座で、普段なかなか触れる機会のない古典芸能を、ナマで鑑賞することができます。昨年は文楽(人形浄瑠璃)を国立劇場小劇場で、一昨年は能を国立能楽堂で鑑賞しました。

 今回の公演は、歌舞伎の初心者を対象にした「歌舞伎鑑賞教室」で、高校生の団体と一緒の観劇になりました。
 最初のプログラムは「歌舞伎のみかた」です。
 若手俳優の坂東慎吾から、舞台構成(上手、下手、花道、すっぽんなど)、音楽(上手の高い台(床)の上で演奏される義太夫と三味線、下手の簾の中で効果音として演奏される太鼓、鼓、笛)などの解説がありました。
 
続いてのプログラムは「日本振袖始(ふりそではじめ)」で、素戔嗚尊(すさのおのみこと)の八岐大蛇(やまたのおろち)退治の話です。

【主な登場人物の紹介】※ 役・・・演者 で記載しています。

 岩長姫(いわながひめ)(八岐大蛇の化身)・・・中村時蔵
 
素戔嗚尊(すさのおのみこと)・・・中村錦之助
 
稲田姫・・・「歌舞伎のみかた」の解説を務めた坂東慎吾



 ストーリーは、岩永姫(八岐大蛇の化身)が、自分より美しい稲田姫(素戔嗚尊の恋人)に嫉妬し、いけにえに差し出させ、丸呑みにします。それを素戔嗚尊が助け出すというアクション・ドラマ。頭が8つある八岐大蛇は8人の役者が演じ、あるときは一列に連なり、あるときは8つに分かれて素戔嗚尊と戦いを繰り広げる、立ち回りが見どころとなっています。
 
題名の「振袖始」は、八岐大蛇のいけにえになるとき、稲田姫の袖に、一振りの名刀を隠し持たせたことが由来だそうです。

     劇場に飾られた八岐大蛇

 さて観劇を終えて学生たちは春日部に戻り、食事会を開きました。

この席でしばし観劇の印象を話し合いましたが、歌舞伎を劇場で観たのは初めてという学生がほぼ半数いました。また劇場で観た経験のある人でも、一番最近は10年くらい前かなとのことでした
 その他の感想には次のものがありました。

 

・「歌舞伎のみかた」の解説が分かりやすかった

・イヤフォーン・ガイドがあったのでストーリーが良く分かった

・衣装がきれいだった

・役者の声のとおりがすばらしい(もちろんマイクなしです)

・途中でちょっと眠くなった

 歌舞伎をナマで観られた古典芸能鑑賞講座は、学生にとって貴重な経験となりました。


       国立劇場の緞帳

 さて余談ですが、主演の中村時蔵と中村錦之助は実の兄弟です。時代劇の好きな方は中村錦之助というと、後に萬屋錦之助と改名した往年の時代劇スターを思い出すのではないでしょうか。現・中村錦之助は、萬屋錦之介の甥にあたるそうです。

10:33 | 投票する | 投票数(9)
2018/07/03

16ミリ映画上映会

| by:庄和地区公民館

20日(水)正風館1階 大ホールにて
16ミリ映画上映会を開催しました。

午前の部は「裸の大将放浪記」
午後の部は「典子は、今」
を上映しました。


午前と午後の2部構成による上映は、春日部市内で初の試みとなりました。
あいにくの天気にも関わらず、午前は62名、午後は59名が来場されました。

次回の上映会は1016日() 正風館1階大ホールにて開催します。
今回と同様に2部構成で「鉄道員(ぽっぽや)」「ホタル」
を予定しています。
皆さまのご来場をお待ちしております。
16:40 | 投票する | 投票数(2)
12345