春日部市教育委員会   春日部市視聴覚センターブログ
 

新着情報

 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

お問い合せ

春日部市教育委員会文化財保護課
〒344-0062春日部市粕壁東3-2-15
文化財担当(048)763-2449
郷土資料館担当(048)763-2455

春日部市教育委員会
 
COUNTER3239
ほごログ(文化財保護課ブログ)
12345
2017/05/24new

日光街道を歩くツアーをご案内しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:資料館 榎本
郷土資料館には、「日光街道を歩く」団体ツアーや個人の方がしばしばお見えになられます。
本日、日本橋~日光まで日光街道を歩くツアーのお客様が来館され、粕壁宿の町並み模型の展示解説をしました。
模型の解説
本日のお客様は、市外・県外の方で、一ノ割から東武動物公園までの道程にお立ち寄りくださいました。17日にわたって日光街道を完歩されるそうです。
模型の解説
展示室では、宿場の景観の特徴や、春日部(粕壁)の地名の秘密などお話しました。なかでも、地名の由来や明治33年(1900)に徳川慶喜が来訪したことについて、皆さんご関心をお持ちいただいたようです。
模型の解説
暑くなってきましたので、旅人の皆さん、道中お気をつけて。
11:18 | 郷土資料館
2017/05/19

『新編図録 春日部の歴史』からのご紹介-その10

Tweet ThisSend to Facebook | by:文化財 鬼塚
最勝院前から見た粕壁の町並み

明治40年(1970)ごろの粕壁宿を撮影した写真の絵葉書を紹介します。最勝院のご住職が栃木県大田原(おおたわら)にあてたものです。同じ陸羽(りくう)街道の宿駅(しゅくえき)でも、大田原より粕壁の方が道幅が広いと記されています。
東武鉄道が明治32年に北千住-久喜間で開通したことにより、人々の陸路交通は大きく変化しました。江戸時代には本陣(ほんじん)、脇本陣(わきほんじん)と旅籠(はたご)45軒を有した粕壁宿の宿泊施設は、明治35年には旅館3軒まで減少しました。

「宿場町粕壁と交通の変容」『新編図録 春日部の歴史』 160ページ
最勝院前から見た春日部の街並み
17:10 | 市史
2017/05/16

粕壁南公民館にてペーパークラフトの粕壁宿を展示しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:資料館 榎本
本日より7月末まで、粕壁南公民館に、手づくりの粕壁宿模型を展示しています。
手づくりの粕壁宿模型は、粕壁宿再現プロジェクトに参加した子どもたちが造ったペーパークラフト模型をもとに、江戸時代の粕壁宿の町並みを復元した模型です。
模型
ペーパークラフトの模型
模型の詳しい解説については、「ペーパークラフトでめぐる粕壁宿」(郷土資料館ホームページ)をご覧下さい。
粕壁南公民館の敷地内には、粕壁宿の歴史と深く関わる赤堀池の跡も残っています。お近くの方は、お立ち寄りいただき、赤堀池ともども、ぜひご覧ください。
今後、各地区公民館を巡回する予定ですので、お楽しみに。
赤堀池
16:10 | 郷土資料館
2017/05/10

『新編図録春日部の歴史』からのご紹介ーその9

Tweet ThisSend to Facebook | by:文化財 鬼塚
下蛭田(しもひるた)の獅子舞

下蛭田地区の東光院と花積(はなづみ)の住吉神社で、かつて「下蛭田の獅子舞」が行われていました。

写真をみると、四方に4本柱と花笠をかぶる人が立ち、中央に土俵が作られ、土俵で3頭の獅子による獅子舞が舞われていたことがわかります。
演目は、「きりの舞」、「弓くぐり」、「女獅子隠し」、「お祓(はら)いの舞」が確認されています。またこの獅子舞には「唄い方(うたいかた)」とよばれる役の人がいて、この人たちが歌った歌詞が残っています。歌詞の中に「辻切り」のことを歌った詞があることから、村回りも行われていたようです。

東光院では5月2日、住吉神社では7月15日に舞われ、それぞれ春祈祷(はるきとう)、夏祈祷(なつきとう)と呼ばれていました。

『春日部市史』第5巻民俗編 1993 542ページ
「風流の芸能 獅子舞」『新編図録 春日部の歴史』 117ページ

下蛭田の獅子舞(昭和29年)
13:52 | 市史
2017/05/03

宝珠花の大凧揚げ

Tweet ThisSend to Facebook | by:文化財 中野
 宝珠花地区の江戸川土手では、市の無形民俗文化財に指定されている
”宝珠花の大凧揚げ”が行われました。
 宝珠花小学校の児童のみなさん、そして江戸川中学校の生徒のみなさんが引手となった「小凧」はさわやかな五月晴れの下、見事に舞い上がりました。
 大凧の全貌はみられませんでしたが、5月5日にも行われますので、ご期待ください。

18:58 | 文化財
12345